atop

暮.Labo暮.Labo 暮らしのコト、学べる場所 くらぼ tsu-nagu

最新情報

≪ 春夏秋冬 作庭ばなし 2021 芽吹きの頃 ≫

今回のコガブログは「美しい」のはなしです

自分の感覚にしっくりくる角度だったり線だったりバランスだったり。。。。。

「美しい」と表現してみたりする。庭造りには沢山の「美しい」があふれている。

建物との絶妙なバランスでこの「美しい」が生まれてくる。

板塀の高さ、植栽の向き、表札の高さ、外壁に落ちる樹木の影。


最近は少しずつ建物の事を我が社の「デザインジジイ」佐藤さんに(笑)教えてもらっている。

建物の「美しい」と庭造りの「美しい」は感覚が全然違う。

建物は、、、曲線よりも直線。ピシッと色んなとこを揃えてスッキリとした「美しい」を生み出している感じ。

庭造りは、、、直線よりも柔らかい曲線。チラ見せや、あえて邪魔な梢や、色んなとこをちょっことずらして
「美しい」を生み出してる。

私は日本ハウジングの設計チームが手がける、新築・リノベーションの庭造りと
佐藤さんと啓之さんが考えた建物の庭造りがすごく好きだ。

二人が理想としているような庭造りが出来ているかどうかは別として。。。

同じ空間で、色んな話をしながら、色んな会議を経て、お施主様の事を考えてベストな提案をする。

建物、インテリア、外構がそうやって進んでく。

「美しくない」 わけがない!

スキなバランス「美しい」と思う感覚、、なぜ自分はそう思うのか。 

結構、、、いや、、、100% 感覚で生きているから(笑)説明するのは難しい。

ザックリ説明するのであれば 「うちら、日本人じゃん?」て感じです。


       *** 庭造り 春夏秋冬  Chinatsu・Koga ***

最新記事一覧

Book Cafe くらぼ
2021.07.15
Book Cafe くらぼ
2021.07.10
Book Cafe くらぼ
2021.07.05