atop

暮.Labo暮.Labo 暮らしのコト、学べる場所 くらぼ tsu-nagu

最新情報

暮らしを見つめる③

暮らしの整理、まだまだ続いています。

最近、母の「この靴黄ばんできたから捨てようと思う」と言っていた
白いスニーカーを迎え入れました。

それは全体的に黄ばんでいて、とてもそのまま使えるような状態ではなかったので
オキシクリーンで洗ってみたところ

見違えるほど黄ばみが取れてキレイになりました。
(4時間ほど漬け置きしました)

新品ではないけれども、何かしおれかけていた命を復活させたような、

大げさだけど、お金を払って手に入れたときとは違う嬉しさがありました。

何かを迎え入れるときは何かを手放すと決めています。

永年愛用していたマスタード色のスニーカーは
すごく気に入っていたものの、履いたときに足首が擦れて

しまうので、最近は気持ちよく履くことが出来なくなっていました。

だんだん、自分の身の回りのものは黒、白、紺等の

組み合わせに困らない無難な色のものばかりにシフトしているなあ、と

ライフスタイルや考え方の変化を改めて感じながら

マスタード色のスニーカーは手放すことにしました。
身の回りのものを整理するときの基準は

「何を手放すか」ではなく「何を残したいか」を

考えるようにしています。

そうすると、整理がしやすく最近の自分の好みや

何を大切に考えているかがはっきりしてきます。

と、同時にモノを買うことが減ってきたので
その分少しずつ貯金にまわしてみようかなんて
思ったり思わなかったり。

最新記事一覧

Book Cafe くらぼ
2022.12.05
Book Cafe くらぼ
2022.11.25
Book Cafe くらぼ
2022.11.20
Book Cafe くらぼ
2022.11.15